• ホーム
  • 成人病と個人差とヘルスメーターについて

成人病と個人差とヘルスメーターについて

お腹の脂肪を心配する男性

働き盛りの男性にとってみれば、成人病は人ごととは言えません。
良い意味で仕事に脂ものってきている男性たちは、何よりもビジネスで結果を出すこと、評価を得るためにもっと仕事に打ち込みます。
それはいいのですが、健康は後回しで没頭する部分があるため、いつの間にか成人病へとまっしぐらという事は珍しくはありません。

会社の健康診断を受けているから、健康管理は大丈夫と思っていたら甘いです。
成人病は日々の生活の中の習慣が、積み重なって現れてきます。
仕事が忙しいと不摂生を重ねていては、成人病となっても文句は言えません。
仕事の忙しさを言い訳にしても、病気になってしまっては意味がなくなってしまいます。

成人病予防のためにも、肥満にはならないようにしましょう。
肥満の自覚が有るならば、ダイエットを開始して健康を取り戻しましょう。
体重の減り方には個人差がありますし、一気に痩せたら成功ではありません。

逆に短期ダイエットで体重を落とす方が、ほぼ確実にリバウンドが待ち受けています。
個人差がありますから、短期ダイエットに成功して、維持をする成功者もいなくはありません。
しかし個人差よりも何よりも、短期ダイエットでは脂肪は燃えてはいないのです。
水分一時的に少なくなったとか、便秘が治っただけで、脂肪がそのまま残っていては、すぐに体重は増えていきます。

成人病予防のためにも体重管理は必要であり、そのためにはヘルスメーターを利用しましょう。
会社の健康診断でしか、ヘルスメーターに乗らないのは自己管理になりません。
自分の大切な健康と向き合うならば、ヘルスメーターを自宅に用意して、体重や体脂肪は把握することです。
健康体重を維持しながら、体脂肪も増えすぎないようにしましょう。